ネットワークエンジニアになろう! > UDLD を究める > UDLD を究める (5)UDLD のフレームフォーマット

この記事は、改訂&リニューアルして『P はプロトコルのP - UDLD を究める』へ移転しました。

UDLD を究める (5)UDLD のフレームフォーマット

UDLD のフレームフォーマットです。


_______________________________


IEEE 802.3


宛先MAC アドレスは、CDP (Cisco Discovery Protocol) と同じ01-00-0c-cc-cc-cc です。
送信元MAC アドレスは、ポートのMAC アドレスを使います。



LLC


DSAP、SSAP ともに、上位にSNAP ヘッダーが存在することを意味する0xaa が入ります。
Control フィールドには、Unnumbered Information を意味する0x03が入ります。

※ DSAP (Destination Service Access Point)
※ SSAP (Source Service Access Point)



SNAP


OUI には、Cisco Systems を意味する0x00000c が入ります。
Type には、UDLD を意味する0x0111 が入ります。

※ OUI (Organizationally Unique Identifier)



UDLD


Version

Version 1 を意味する001(2進数)が入ります。

Opcode

UDLD PDU の種類を意味します。
UDLD のOpcode (オプコード)は、Probe、Echo、Flush の3種類があります。

※ Probe は、Hello、Advertisement とも呼ばれます。

各Opcode の詳細については、後述します。

Flags

状況に応じて立てるフラグです。
UDLD のフラグには、RT(Recomended Timeout)とRe-Synch の2種類があります。

各Opcode の詳細については、後述します。

TLVs

UDLD では、各種パラメータの表記にTLV 方式を採用しています。

※ TLV(Type Length and Value Encoding)

UDLD で使うTLV は以下の7種類です。

    Device ID TLV
    Port ID TLV
    Echo TLV
    Message Interval TLV
    Timeout Interval TLV
    Device Name TLV
    Sequence Number TLV


Device ID TLV


_______________________________

UDLD PDU を送信する機器のDevice ID が格納されます。
Catalyst2950、3550 の場合、Serial Number が入ります。

Port ID TLV


_______________________________

UDLD PDU を送信するポートの名前が格納されます。
GigabitEthernet0/1 の場合、Ge0/1 となります。

Echo TLV


_______________________________

UDLD Neighbor Database の内容、つまり、このUDLD PDU を送信する機器が、それまでに受信したUDLD PDU から抽出した情報が格納されます。

UDLD を有効にしているポートでは、通常、対向機器は1台だけです。
しかし、HUB を経由して複数台の対向機器が存在するような場合、対向機器が2台以上になることもあります(もちろん、誤った構成ですが)。

対向機器が複数台ある場合、全ての対向機器の情報が、Echo TLVに格納されます。

Number of Port ID
UDLD PDU を受信した対向機器の台数

Device/Port IDs
対向機器からのUDLD PDU から抽出した、対向機器のDevice ID とPort ID が格納されます。
このフィールドの内容は、次のようなフォーマットとなっています。


_______________________________

Message Interval TLV


_______________________________

UDLD PDU を送信する間隔です。

Timeout Interval TLV


_______________________________

ディテクションウィンドウ(Detection Window)の長さです。

※ ディテクションウィンドウについては後述します。

Device Name TLV


_______________________________

hostname コマンドで設定した、機器の名前が格納されます。

Sequence Number TLV


_______________________________

UDLD PDU が送信された順番を意味するシーケンス番号が格納されます。



UDLD を究める (1) はじめに
UDLD を究める (2)Bidirectional とUnidirectional
UDLD を究める (3)UDLD とAuto Negotiation
UDLD を究める (4)UDLD の基本動作
UDLD を究める (5)UDLD のパケットフォーマット
UDLD を究める (6)UDLD のタイマー
UDLD を究める (7)Bidirectional State
UDLD を究める (8)Operartional State
UDLD を究める (9)UDLD のアルゴリズム(1)ネイバー関係の確立
UDLD を究める(10)UDLD のアルゴリズム(2)Unidirectional を検知する
UDLD を究める(11)UDLD アグレッシブモード
UDLD を究める(12)UDLD ノーマルモードとアグレッシブモードの互換性
UDLD を究める(13)設定用コマンド
UDLD を究める(14)show コマンド
UDLD を究める(15)UDLD のデバッグ(1)ネイバー関係の確立
UDLD を究める(16)UDLD のデバッグ(2)Unidirectional を検知する
UDLD を究める(17)UDLD のテスト環境を構築する
UDLD を究める(付録) UDLD の状態遷移を時系列で観察する


ネットワークエンジニアになろう!のトップページへ戻る
サイト内検索
無料メールマガジン「英語でネットワークエンジニア」
マニュアルやRFCを読むのに必要なのは、高度な文法知識ではなく語彙力です。毎回一単語、例文と解説に技術情報を併せてお届けします. (マガジンID:0000181633)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Smartnetworks.jp.